株投資漫画インベスターZ

株や投資に興味ある方やそうでない人でも株についてよく解る漫画として三田紀房さんのインベスターZがあります。三田紀房は「ドラゴン桜」などでも有名な方で、このインベスターZで株のことがよくわかりますよ。

新菱冷熱の投資が難しい理由と株に限度額を決める理由

新菱冷熱に投資をしてみたいと思っている人もいるかもしれませんが、これは簡単なことではありません。
その理由としては、新菱冷熱が株式市場に上場をしていないためです。
株式市場に上場している銘柄というのは、株を売ってくれる人を市場を通じて探すことができるので、簡単にほしい株を入手することができます。
しかし、新菱冷熱のように上場していない企業というのは、株を売ってくれる人を探すところからはじめなければいけないため、簡単に投資をすることは難しいものとなります。
上手く購入をできたとしても、売る時には買う時以上に相手探しが大変ですから、新菱冷熱に投資をするというのはとても難しいものとなってしまいます。

次に限度額を決める理由としては、損失を限定させるためです。
限度額を設定しなければ、大きな損失を出してしまう恐れがあり挽回が難しくなってしまう場合があります。
負けて困るようなお金を投資に回すと、冷静な判断をすることが難しくなってしまいその結果として余計に負けやすくなってしまうものです。
そのため、あらかじめここまでなら負けても許容できるという限度額を決めて、投資をすることによって冷静な判断による投資を行うことができるのです。
株というのはどうしても損失のほうが大きくなりがちですから、事前に限度額を決めておかないといつまでもズルズルと決断を後回しにしてしまって、損失だけを拡大させてしまうことがあるので最小限の損失を抑えるためにも限度額を設定しておくことが重要です。
損失を抑えることができるようになれば、株というのは勝ったり負けたりの繰り返しですから少しずつ利益を積み重ねていくことができ、最終的に資産を残すことができるのです。