株投資漫画インベスターZ

株や投資に興味ある方やそうでない人でも株についてよく解る漫画として三田紀房さんのインベスターZがあります。三田紀房は「ドラゴン桜」などでも有名な方で、このインベスターZで株のことがよくわかりますよ。

昭和電工の株は円安による影響は

輸出産業が主力の日本では円安になると多くの企業がその恩恵を受けることになりますが、全ての企業がそれによってプラスになるというわけではありません。
日本には輸出をする企業だけでなく、輸入をする企業もあるわけですからそのような企業は円安になることによって、コストが上昇するので逆に業績に影響が出ることになってしまいます。
そのため、株に投資をする場合には円安や円高の影響がどの程度あるのかということを、理解して投資をすることが大切です。

昭和電工は石油化学やハードディスク事業などを行っているので、為替の影響というのは無縁ではありません。
しかし、昭和電工の場合石油化学事業が大きな柱となっているので、為替の影響も少なくありませんがそれ以上に原油価格というのが大きな影響をあたえるものとなっています。
そのため、為替自体はそこまで影響のないものであるため昭和電工の株を購入するときには、為替をそこまで気にする必要はないといえます。
ただし、直接的な影響というのはそれほど大きいわけではなくても、日本の株式市場というのは円高になれば下がる傾向にあるので、昭和電工自体が為替の影響を直接受けるわけではなくても、全体の地合いの悪化によって売られてしまうということはあり得るものであるため、全く為替の動向を無視して取引をするということはできません。
直接的な影響が小さくても為替の影響というのは、どの企業に対しても多少はあるものとなっているので、昭和電工のように円安や円高の影響がそれほど大きくないと思っていても、投資をする時には為替の状態もチェックをして市場全体の地合いなども考慮に入れた上で、投資をしてみることが大切です。