株投資漫画インベスターZ

株や投資に興味ある方やそうでない人でも株についてよく解る漫画として三田紀房さんのインベスターZがあります。三田紀房は「ドラゴン桜」などでも有名な方で、このインベスターZで株のことがよくわかりますよ。

株式投資での比較とは?運用においての必勝法は?

書店などで「初心者投資必勝法」などの文言が入った書籍を目にすることがあります。
2005年以降株式投資がインターネットで行われることが主流となり、各社手数料を安くして利用者獲得やシェア拡大を繰り広げると、株式市場は活況となり、近年、NISA(少額投資非課税制度)が導入されると、さらに投資運用に取り組む人が多くなりました。
市場というものは参加者が多くなることで活況となり、アグレッシブな相場展開となると価格変動もより激しくなります。
インターネットが発達すると、利用者は何でも比較が出来るようになり、株式投資に掛かる手数料の比較、インセンティブ比較、サイト利用しやすさなどの比較もされます。
投資家と会員を増やすためにホームページでも初心者向けの必勝法をレクチャーする企業サイトもあります。
ただ、ここで理解しておいていただきたいことは、自分なりの投資方法を決めるということです。
「必勝」ということをどこに求めるかです。
価格変動にとらわれずに、業績好調で経営体制が盤石な企業に投資して、インカムを得ることが必勝であるのか?それとも買い付け単価よりも高く売りぬけることが必勝であるのか?
高いところで売っておいて、株価下落で買い戻すのが必勝なのか、どのケースも必勝と言えます。
しかしながら、人は誰でも心の奥底で自分さえ良ければというところがあり、投資で勝つ裏側に損失を出す人が居ることを考えません。
市場に参加する多くの人から資金を抜き取るという考えで投資を行なうのは、フェアーな投資とは言えません。
本来投資とは、投資する市場の成長を期待し、長期で考え、安定したインカムゲインを得ることにあります。
このようことから株式投資に必勝法というものは無く、市場への参加を煽る人たちが作り出した言葉です。